作成日:2015年9月14日 最終更新日:

iPhone6s iPhone6s Plus のバッテリー容量や充電方法は変わった?

今月末(2015年9月末)に発売予定の既に販売が始まっているiPhone6のsシリーズですが、充電の観点から見た変化はあるのでしょうか?ここでは、Appleの新しいスマートフォンのバッテリーについて触れたいと思います。

アイフォーン6sの充電方法は?


以下は、iPhone6、iPhone6 Plus、iPhone6s、iPhone6s Plusのバッテリー持続時間についての比較表です。
iPhone6
  • リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
  • USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
  • 連続通話時間:3Gで最大14時間
  • 連続待受時間:最大10日間
  • インターネット利用:3Gで最大10時間、4G LTEで最大10時間、Wi-Fiで最大11時間
  • ビデオ再生:最大11時間
  • オーディオ再生:最大50時間
  • バッテリー容量:1810mAh
iPhone6s
  • リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
  • USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
  • 連続通話時間:3Gで最大14時間
  • 連続待受時間:最大10日間
  • インターネット利用:3Gで最大10時間、4G LTEで最大10時間、Wi-Fiで最大11時間
  • ビデオ再生:最大11時間
  • オーディオ再生:最大50時間
  • バッテリー容量:1715mAh
iPhone6 Plus
  • リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
  • USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
  • 連続通話時間:3Gで最大24時間
  • 連続待受時間:最大16日間
  • インターネット利用:3Gで最大12時間、4G LTEで最大12時間、Wi-Fiで最大12時間
  • ビデオ再生:最大14時間
  • オーディオ再生:最大80時間
  • バッテリー容量:2915mAh
iPhone6s Plus
  • リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
  • USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電
  • 連続通話時間:3Gで最大24時間
  • 連続待受時間:最大16日間
  • インターネット利用:3Gで最大12時間、4G LTEで最大12時間、Wi-Fiで最大12時間
  • ビデオ再生:最大14時間
  • オーディオ再生:最大80時間
  • バッテリー容量:2750mAh
参照:Apple公式WEBサイト iPhoneのモデルを比較する。
上記の表を見て分かる通り、各項目バッテリーの持続時間について全て変化はありません。本体のサイズや厚さは0.1〜0.2mmというほんのわずかに大きくなっただけです。どうやら、アダプタもLightningケーブルも変化はないようです。この事から、充電方法は変わらず、バッテリー容量も増えていないと推測されます。iFixitチームの分解調査によりバッテリー容量は若干減っているようです。バッテリー容量が減っても持続時間が変わらないため効率が向上していると思われます。


-スペシャルコンテンツ- 「Suntactics Japan」はエスアイコネクトが運営しております。いいね!してSuntacticsの情報を共有しましょう。
ベランダにソーラーパネル
あなたのDIYでソーラー設置キットを作ってみませんか?
suntacticsソーラー充電器とコンセント充電の比較
コンセント充電とソーラー充電の充電時間を測定公開しております。
suntactics耐久テスト
Suntactics社が行った耐久テストをYOUTUBEと画像でご紹介しております。
ソーラー充電器の3タイプどれを選べばいい?
Suntactics sChargerシリーズ あなたはどれを選びますか?
Suntactics sChargerシリーズ
スマートフォン、タブレット、モバイル充電器などモバイルデバイス専用のアウトドアに特化したソーラー充電器
スマートフォン・タブレット用ソーラー充電器 5W sCharger-5 スマートフォン・タブレット用ソーラー充電器 8W sCharger-8 スマートフォン・タブレット用ソーラー充電器 14W sCharger-14
Charge Lamp (チャージランプ)
Charge Lampは充電式防水LEDランプです。ソーラーパネルでも充電出来るのでSuntacticsとの相性も良いですよ。
Charge Lamp CL-S Charge Lamp CL-M