作成日:2015年2月16日 最終更新日:
 

ソーラー充電器?ふざけるな!そんなの災害時になんの役にも立たない!

はたして、本当にそうでしょうか?ソーラー充電器は災害時に役に立たないのでしょうか?災害時のために用意すべき予備電源とは何でしょうか?

ソーラー充電器が本当に役に立つ時

災害時の停電や避難などを想定して、防災グッズにソーラー充電器を入れようかと思っている方も多くいらっしゃると思います。

私が以前販売してたソーラーパネルが付いた小型のモバイル充電器を購入して頂いたお客様も「いざという時の非常用として買いました」という方がかなりいらっしゃいました。

しかし、その「いざという時」に本当にこのソーラーはちゃんと発電するのだろうか?電気がなくても、スマホの電源だけでも確保して家族に連絡を取りたいと願う人の助けになるだろうか?と疑問に思っていました。

そのソーラー充電器は発電にかなりの時間を要し、とても実用性があるとは言えませんでした。普通のモバイル充電器としてしか使えなかったでしょう。それでもお客様はこれで災害時でも安心と言ってくれました。

日本は災害大国です。地震、台風、洪水、大雪など一年を通してどこかの地域が災害に遭っています。東日本大震災や広島土砂災害などまだ記憶に鮮明に残っている方もいらっしゃると思います。どこかの地域が大変な目に遭っているニュースを見るたび札幌にいる私は、この災害の少ない都市がつくづく平和だと思って安心してしまいます。しかし、今この瞬間にも突然地震が襲ってくるかもしれないという軽い恐怖感はやはりあります。

私は、「いざという時」に本当に役に立つスマホ用の電源はモバイル充電器だと思います。もちろん、充電されていればの話ですが。充電されている分の電気は間違いなくスマホに移動できます。本当に今急ぐ!という緊急事態にはすぐに充電してくれるでしょう。その点では、私が以前販売してたソーラーパネルが付いた小型のモバイル充電器も役には立っていたかもしれません。しかし、ソーラーの機能ははっきりいって今すぐ急ぐ!と言う時には役立ちません。そんな今すぐ!に都合よく太陽がてんてんと照っていることはほとんどありません。

しかし、ソーラーの本当の実力が試されるのは、その後ではないでしょうか?避難が長引いてる時や、停電が何日も復旧しないなどの長期戦に入った時、ようやくソーラーの出番になるのです。太陽が照っている間にスマートフォンや携帯電話に充電しておく。あるいはモバイル充電器などの蓄電池に電気を溜めておくことが出来ます。電気の復旧していない地域へ行く時などは、モバイル充電器とセットで持っていくと心強いです。

そして、私が今販売しているSuntactics社のソーラー充電器はそれが出来ると確信しております。太陽光でスマートフォンを10%充電するのにもう何時間も掛かりません。10分から20分もあれば10%はすぐに充電出来ます。(※太陽光の強さや条件によりますので、詳しくはこちらを参考にして下さい。)スマートフォンやタブレットはもちろん、使い切ったモバイル充電器すらも太陽光から直接充電出来ます。Suntacticsはバッテリーなどの蓄電池を内蔵していないソーラーパネルのみのソーラー充電器です。完全防水で浸水しても乾かせば使えます。過酷な状況にも耐えられるアウトドア専用に作られた製品だからこそ、その時に役に立つのです。

もし、災害が発生し電気を得る事が出来ない状況にあなたが陥った時、太陽光と共に、あなたの電源復旧までの間、このソーラー充電器が支えになれれば幸いです。一度ご検討ください。Suntacticsソーラー充電器 商品一覧

災害に遭った時は、気が動転して焦ってしまいます。 動揺して正しい判断が出来ないとこも多いです。常日頃、防災について考え、災害時にどういう行動を取るべきかイメージしておくと良いのではないでしょうか。太陽光に当たると少し気が落ち着きます。電子機器だけでなく、私達人間も太陽からたくさんのエネルギーをもらっているのです。

災害用として予備電源を用意する場合

1.用意する予備電源の規模
大規模な無停電電源装置や蓄電池を設置する予算がない、または設置する程の規模は必要ない場合。また、避難や停電が2、3日長引いた時のために、スマートフォンを利用しての緊急連絡や情報収集に対応できる程度の予備電源で十分な場合。その場合、モバイルバッテリー(モバイル充電器)をスマートフォンなどの予備電源として利用できます。
2.モバイルバッテリーのメリットとデメリット
メリット
・費用が安く、ある程度の数を用意できる。
・軽量で小型なため、持ち歩き、持ち運びが出来る。

デメリット
・長期間の保管の場合放電してしまう。
・定期的に充電などのメンテナンスが必要。
・湿度や温度などにより劣化する可能性があるため保管場所の管理が必要。
3.モバイルバッテリーの問題点を解決するために
モバイルバッテリーの問題点を補うため、ソーラー発電の導入を検討してみてください。小型のソーラーパネルの場合、太陽光発電装置などの大がかりな設置費用の必要がありません。

Suntactics sCharger(ソーラー充電器)の場合

メリット
・バッテリー内蔵ではないため、湿度や温度に影響せずメンテナンスの必要はない。
・軽量で小型なため、持ち歩き、持ち運びが出来る。
・電気を溜めるのではなく、太陽光を利用し発電できる。
・高出力のため、ちょっとした晴れ間を利用してすばやくソーラー充電出来る。
・保管で1〜2年経過しても保証がきく。(製品保証に期限なし)
・大雨や浸水で水に浸かっても救出可能。(防水性能IPX7)

デメリット
・発電には太陽光を必要とする。
4.モバイルバッテリーとソーラーチャージャーの両方で対応する
メリット
・モバイルバッテリーがある程度放電していても、ソーラーで補充出来る。
・モバイルバッテリーが完全に故障していても、ソーラーでスマートフォンを直接充電も出来る。
・太陽が出ていない場合は、モバイルバッテリーでスマートフォンを充電出来る。

デメリット
・モバイルバッテリーが放電や故障し、太陽光が出ていない時や弱い時は、充電は不可能。

これならお互いの問題点をカバー出来るはずです。モバイルバッテリーとソーラーチャージャーの両方セットで用意しておくことが、電源を確保できない時の備えになります。デメリットを補うためにも、モバイルバッテリーの管理メンテナンスが重要になります。

Suntactics sCharger(サンタクティクス エスチャージャー)

災害時でも役立つソーラー充電器
Suntacticsのソーラーパネルは3種類あります。最大出力が5W、8W、14Wの3種類です。充電する機器に合わせてお選び頂けます。防水性能と高い耐久性を持っていますので、災害時にはきっと役に立ってくれます。太陽光が出ている時はスマートフォンやモバイル充電器を充電してくれますので、予備電源としてだけではなく普段の電源としても使用できます。
Suntactics sCharger 製品一覧はこちら

Charge Lamp(チャージランプ)

災害時でも役立つモバイル充電器
当サイトでは充電式防水LEDランプ「Charge Lamp」の販売も行っております。Charge Lampはスポットライトと違い広い範囲を照らす事に向いているLEDランプです。停電の時に部屋全体を照らしたり、暗い場所の足元や手元全体を照らす事が出来ます。またスマートフォンやタブレットの充電が出来るモバイル充電器でもあります。防塵防水性能は最高クラスのIP68で水中点灯も可能です。大雨洪水などの災害時にはきっと役立つはずです。Suntacticsのソーラーパネルからの充電も可能です。※2016年9月より「Charge Lamp」は「HORUSIS CHARGE LAMP」にブランド変更しました。
HORUSIS CHARGE LAMP公式ホームページはこちら

 
 
-スペシャルコンテンツ- 「Suntactics Japan」はエスアイコネクトが運営しております。いいね!してSuntacticsの情報を共有しましょう。
ベランダにソーラーパネル
あなたのDIYでソーラー設置キットを作ってみませんか?
suntacticsソーラー充電器とコンセント充電の比較
コンセント充電とソーラー充電の充電時間を測定公開しております。
suntactics耐久テスト
Suntactics社が行った耐久テストをYOUTUBEと画像でご紹介しております。
ソーラー充電器の3タイプどれを選べばいい?
Suntactics sChargerシリーズ あなたはどれを選びますか?
Suntactics sChargerシリーズ
スマートフォン、タブレット、モバイル充電器などモバイルデバイス専用のアウトドアに特化したソーラー充電器
スマートフォン・タブレット用ソーラー充電器 5W sCharger-5 スマートフォン・タブレット用ソーラー充電器 8W sCharger-8 スマートフォン・タブレット用ソーラー充電器 14W sCharger-14
Charge Lamp (チャージランプ)
Charge Lampは充電式防水LEDランプです。ソーラーパネルでも充電出来るのでSuntacticsとの相性も良いですよ。
Charge Lamp CL-S Charge Lamp CL-M